こむら返りの画像

【こむら返り】

みなさん夜中に足がつって飛び起きた経験はありませんか?
一般的にいう「こむら返り」です、何らかの原因でふくらはぎの筋肉が過収縮してしまう状態です。
専門的には「有痛性筋痙攣」といい激しい痛みが伴います。
特に中高年や妊娠中になどに起こりやすとされていますが、ハッキリとした原因は不明です。
多くは一時的なもので時に気にする事はありませんが、長く続くようであれば何かの病気の場合もあるので医師に相談しましょう。

「こむら返り」が起こる原因と予防、大きく分けて3つになります。
⑴筋肉
ふくらはぎや足裏の筋肉が硬くなる。
運動のやり過ぎ、運動不足により筋肉に柔軟性がなくなる。
筋肉が硬直すると、血流不足により栄養分が足に運ばれなくなります。
脚だけではなく、身体全体を動かしましょう。
いつもより歩幅をあけて、腕をしっかり振りながら早歩きをするだけでよい運動になります。
時間がなければストレッチだけでも有効的です。

⑵栄養
栄養不足が原因でこむら返りにもなります。
人間の身体の多くは水分でできています、その水分は電解質(カルシウム・マグネシウム)です。

カルシウムやマグネシウムをしっかり摂る事で予防になるので、バランスの良い食事を心掛けましょう。
カルシウム:牛乳・チーズ・乳製品・桜えびなど
マグネシウム:豆類・魚・貝類など

⑶水分
人の身体は60%くらい水分でできています。
分を摂りましょう、水が足りないと筋肉が硬直してしまいす。
ふくらはぎの筋肉が硬くなると血流不足になり疲労物質・発痛物質が出てこむら返りにつながります。

予防として朝の起きがけと、毎食前に40℃位の白湯をコップ一杯飲むと良いでしょう。