骨盤の模型

仙腸関節

仙腸関節とは、骨盤である仙骨と腸骨の間にある関節です。
手首や肩などの関節は関節可動域は広いですが、この仙腸関節の動く範囲は狭く3㎜程度でごく僅かです。
骨盤は腸骨、仙骨、坐骨、恥骨、尾骨で形成されています、その中で仙骨と坐骨と恥骨は左右一対です。
その5種類の骨を強靭な靭帯で結合して骨盤を形成している。
仙腸関節の歪みで痛みが発生する部位は腰だけではなく、臀部・下肢にも痛み痺れがでることもあります。
ぎっくり腰の原因も、仙腸関節障害によって起こることもありますが腰痛全体の10%ほど。
骨盤の歪みに関しては、骨盤ベルトによっての固定が有効とされています。
急性期である痛みの激しい時期にはコルセットで骨盤を締めると痛みが軽減されます。

 

この関節の歪みによって、腰痛や痺れなどが発症する場合がある。
 

美健こころ整体院の施術

☑施術前にカウンセリングを細かく丁寧に行います。

☑施術に入る前に、お客様と一緒に身体の状態のチェックをします。

☑お客様の身体の状態に合わせた施術を行います。

☑ボキボキした施術、痛い背術は致しません。

☑施術中に力の加減等が合っているか確認いたします。

☑施術後に効果の確認をして頂きます。

☑次回予約の勧誘は致しません。