老眼とは)
手元の小さい文字が見えずらくなり、少し手を伸ばし遠くに置くと見え易くなる事ありませんか?
もしかしたら老眼の始まりかもしれません、近くのものが見えずらくなる症状が老眼です、
老眼な40歳を過ぎた頃から始まる人が多い症状です、最近ではパソコンやスマホを長時間見る人も多いいので30歳代から老眼になる傾向もあると言われています。

老眼の状態)
では、近くにものが見えずらくなった目の中はどの様になってしまったのでしょう。
目の中は、手前に角膜がありその奥に水晶体があります、カメラで言うとこの2つがレンズの役割をしています。
水晶体は弾力性があり近くを見るときは厚みがまし反対に遠くを見るときには薄くなり遠近のピントを調節しています。
その水晶体の暑さ薄さをコントロールしているのが水晶体に付着している毛様体筋という筋肉です、加齢に伴い手足の筋肉が衰える様に毛様体筋も筋力低下と水晶体の硬化によって、上手くピントが合わなくなってしまっている状態です。

老眼の対策)
加齢とともに衰えてしまうのだから仕方が無いと諦めないで下さい。
老眼のためのツボをご紹介します。
老眼のツボ画像
①太陽(タイヨウ)目尻の外側へ指2本の所にある窪み
②魚腰(ギョヨウ)眉毛の真ん中にある窪み
③攢竹(サンチク)目頭の少し下の窪み
この3つを、痛く無い程度に指圧すると老眼の進行を抑えるのと眼精疲労にも効果があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

老顔とは