NO IMAGE

胸郭出口症候群

胸郭出口症候群

胸郭出口症候群とは

最近、テレビや他メディアで胸郭出口症候群の言葉をよく耳にします。
胸郭出口とは、鎖骨と第一肋骨の間です、その間に神経と動脈が通っていて、何らかの原因で筋肉が固まってしまい鎖骨下動脈・静脈、腕神経を締め付けて血流障害・神経障害を起こしてします症状です。
そのせいで、首や腕の痛みや痺れの症状がでてくる、これが胸郭出口症候群です。20代・なで肩の女性・PCを長時間使う人が不調を訴える傾向にあります。

胸郭出口症候群は総称であり、締め付けられる部位によってそれぞれ斜角筋症候群・小胸筋症候群・肋鎖症候群・頚肋症候群の4つの名前があり、胸郭出口症候群の影響でによって、首・肩・腕・肩甲部にも症状が及びます。

 

胸郭出口症候群の主な症状)
手、腕の痺れ
握力の低下
首、肩の痛み
腕の冷え、疲れ

対処方法)
これと言って、明確なものがあるわけではありません。
症状が現れやすい動作をしない様に注意をして、固まってしまった筋肉をお風呂上がりの血行が良い時にストレッチをして血行を促進させる。マッサージなども有効です。

美健こころ整体院の施術

☑施術前にカウンセリングを細かく丁寧に行います。

☑施術に入る前に、お客様と一緒に身体の状態のチェックをします。

☑お客様の身体の状態に合わせた施術を行います。

☑ボキボキした施術、痛い背術は致しません。

☑施術中に力の加減等が合っているか確認いたします。

☑施術後に効果の確認をして頂きます。

☑次回予約の勧誘は致しません。

NO IMAGE